TOP
TOP : 臨時別冊/本物語  只今営業中    平成30年1月15日
投稿者 : webadmin 投稿日時: 2018-02-12 12:00:00 (759 ヒット)
◇ 〈新刊のお知らせ〉
『三九Booklet』第一巻、この1月30日発売

◎ 小社の新企画、『三九Booklet』の第1巻が、予定しておりましたより遅れましたが、この1月末に
発売になります。A5判128ページ,定価は700円です。
◎ 書名は「病める日本―診断とその治療法」です。内容(タイトル)・著者は次の通りです。

[政治科]
○強権政治からの脱皮、国民の選択肢を増やす中選挙区制の実現を!・佐藤静雄(元国土交通副大臣)
○二流政治家と無関心国民・杉浦捷之(元日本IBM㈱ソフトウェア翻訳担当部長)
○民主主義に不可欠な説明責任と情報公開・武田喜治(遍路紀行家) 

[経済科]
○"人間関係希薄症"は百害あって一利なし・中里義介(元会社役員)
○日本の企業における経営者の課題~現状と将来予想される問題・藤原純行(藤原興産㈱社長)
○国の発展、経済人の奮起に期待する・浄法寺信(経済ジャーナリスト)

[教育科]
○小学校をめぐる現状と課題・江島紘(小田原市体育協会会長)
○教員の仕事・柴田秀男(高等学校非常勤講師)
○"戦後学校教育批判"の一考察~戦後教員養成制度転換の意義・永島惇正(東京学芸大学名誉教授)

[文化科]
○埋もれかねない歴史~伝えることの難しさ・岡本崇(郷土史研究家)
○2020東京五輪を考える・佐伯年詩雄(筑波大学名誉教授)
○日本舞踊と理系学問分野の将来を危惧する・廣澤千秋(近現代史愛好会会員)

[医療科]
○地域医療で悩むこと・浅倉禮治(くにたち南口診療所所長)
○医師のなり手、薬価の決め手が二大疾患・佐藤辰夫(医療法人理事長)
○私の名医はいずこに・鈴木良弘(元日本甜菜糖㈱事業本部長)

[社会科]
○「勝手知ったる他人の家」は不要か?・白井榮一(元持田製薬㈱配送センター長)
○この世は荒んでいる! これからの道・瀬古文男(自然セラピスト)
○常を疑え~男女参画社会の問題~・吉岡昌昭(東京作家クラブ会員)

以上、6科18の〈症例〉で内容が構成されています。
ぜひ1冊ご購読くださいますようお願い致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※ご購読のお申し込み,お問い合わせは,お葉書,ファックスあるいはEメールで下記にお願い致します。

住所:    183‐0042        東京都府中市武蔵台3-24-29 ファックス: 042-322-3546
Eメール:  39syouji@jcom.home.ne.jp


      有限会社三九出版

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

検索