有限会社 三九出版 - 「竹の子医者」の日々  その8


















トップ  >  本物語  >  「竹の子医者」の日々 その8
《自由広場》 
                  「竹の子医者」の日々 その8
                           星 康夫(東京都世田谷区)

○咬むcame噛む?○……外科医として仕事をしていますと「咬まれた」「刺された」と,色々の患者さんが来院します。「虫に刺された」はまだいいですが,「人に刺された」は一大事です(これは事件ですので別扱いとしましょう)。ではどんなものに刺されたり,咬まれたりして受診するのでしょうか。犬,猫が一番多く,特に最近のペットブームで,トリミング中に咬まれて来る獣医さんや,職員の方が増えました。もちろん「飼い犬に咬まれました」と苦笑いしながら来られる患者さんも沢山います。皆様方がよく心配なさる狂犬病ですが,ここ数十年間日本国内では発生していません。但し外国旅行等で犬に咬まれた時等は危険がありますので,必ず受診してください。
 飼っていたウサギに,路上でネズミに,咬まれた人もいます。最近タヌキに咬まれたという患者さんが来院しました。「これです,これ。庭の生垣にひっかかって動けないでいたので助けようとしたら咬まれました」。携帯電話での写真を持っての受診でした。タヌキはもう1例,これは女子高校で飼っていたものでした。鹿に突かれた,猪にぶつかられた人もいました。闘犬(土佐犬)に咬まれた方は残念ながら死亡しました。
 虫に刺されたと来院し,「この虫です。蜂だと思います」と虫体を持参する方もいました。昆虫学者ではないので半分以上は私には分かりません。でもスズメバチ等でなければ,症状は軽く治療法はほぼ同じです。但し以前に刺されたことのある人は「アナフィラキシー」によりショック状態となることがありますので注意が必要です。
 ムカデも咬みますし,毒を持っています。マムシ等の蛇類も怖いです。ヤマカカシも毒を持っています。咬まれた部位からの破傷風の感染も注意する必要があります。
 最後に,人間に咬まれた例は?,あります。しかし故意に咬みついたというよりは,何かの拍子に偶然にぶつかって歯が当ったという例が一番多いと思います。歯を磨いているから大丈夫,傷は軽いでしょうとお考えかもしれませんが,意外と治りにくく苦労することがあります。
○昔のカルテで○……病院勤務を離れ,開業医として診療所を始めて18年になります。カルテの数もそれなりに増えて,整理も大変ですが,死亡が確認されてから更に法的な保存期間が過ぎたカルテは破棄しますが,それ以外は保存期間が過ぎてもロッカーに収納しています。先日は20歳ぐらいの患者さんが「以前ここで受診したことがある」と申告されました。もちろんその頃の受診券はお持ちではないのですが,最近はコンピューターという便利なものがあり,すぐに検索出来ます。そのカルテを探し出して,前回は5歳の時に路上で転倒し,お顔の大きな裂創で受診し縫合してますねと確認。今回は感冒での来院でした。診察後に前額部の創の跡を確認,ほとんど目立たないのを見て,「本当によかったネ」と,本人も私も大満足。
○「私の先生!」○……白衣の医者に出会うと「注射は嫌だ」と泣き叫ぶ子供が沢山います。私も出来ることなら白衣を着ない医者でありたいのですが(内科医・小児科医になっていたらきっとそうしました)。しかし私の診療所に来られる患者さんは,外傷で出血している方も多く,そういう訳にはいきません。この医者は白衣を着ていても怖くない,と思ってもらうためにはそれなりの時間がかかります。傷の治療を始める前に,とにかく納得してもらうことが必要です。この傷にはこのような治療なのです,と説明した後に,「痛い,痛いと泣いてもいいからネ。でも先生が“今だけちょっと頑張ってネ”と言ったら,その時だけ動かないで頑張ろうヨ」。「ウン」と言って,涙を流しながら頑張って動かずにいる子が多い。もちろん「待って,待って,まだ心の準備ができてない」と訴える子もいます。出来るだけ待つことにしています。そんな子供達と街の中で出会ったときに,「あっ,私の先生だ。コンニチワ」と声をかけられるのは大変嬉しい出来事です。
○「腹の痛み」より「胸の痛み」が取れにくい○……「お腹が痛い」と30代の男性が来院。「10年以上前に十二指腸潰瘍,胃潰瘍と言われたことがある」と。腹部を触診すると右の上腹部に圧痛がある。一番考えられる疾患としては「十二指腸潰瘍と胆嚢炎」。「夜間の空腹時の痛みがあるか。背中の方まで痛みが走るか。脂肪分を食べた時に痛くなるか。胆石症と言われたことがあるか等を聞きながら,触診,視診をしていると,痛みの部に皮下出血がある。肋骨の痛みのようだ。「転倒したり,何かにぶつかったりしたことはありませんか」と聞いてみると,「転んだりはしていないが,そういえば1週間前に妻にケリを入れられた」と。肋骨骨折ではありませんでしたが,この痛みは「心の痛み」として,しばらく続くでしょう。全治までは約2週間から最悪の場合は一生です。
投票数:34 平均点:10.00
前
お寺の鳩を食わせる?
カテゴリートップ
本物語
次
後世に残す本を・・・

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失